共演者のご紹介

  よく一緒に演奏している共演者の方々です。セットでの演奏依頼も喜んで承っております!単品でもご紹介いたします。(あいうえお順)

池山由香/いけやまゆか《アルパ、メゾソプラノ》

国立音楽大学演奏学科声楽専修卒業。桐朋学園大学声楽科研究生修了。10歳の時にアルゼンチン・ブエノスアイレス市にてアルパに出会い、現地で約2年間チョチン・バルブエナ氏に師事。帰国後、チューチョ・デ・メヒコ、マルシアル・ゲレロの各氏に師事。アルパ奏者、声楽家としてだけでなく、日本では少ない“アルパ弾き語り奏者”として年100回以上の演奏活動を展開している。

 ベートーヴェン「合唱幻想曲」(アルトソロ)、シューベルト「冬の旅」リレー演奏会、桐朋学園大学主催「イタリア・オペラの夕べ」、武蔵野雨情会コンサート、新星クラブコンサートに出演。カウンターテノール歌手・池田弦のもと、山形県・最上町少年少女合唱団やスイス・ローザンヌ歌劇場日本公演の児童合唱指導アシスタントを務める。2013年にソロ1stアルバム「Flores(共演:ギター奏者・大柴拓)」、2015年にソロ2ndアルバム「Treinta!(共演:作曲家・長山善洋)」を発売。

 様々なジャンルのアンサンブルも精力的に行っており、ケーナ奏者・八木倫明とのデュオ「デュオ・ケーナルパ」としてCD「広い河の岸辺」「大地の詩」を発売(推薦文:湯川れい子)。発売に伴いTBSラジオ「大沢悠里のゆうゆうワイド」にて生演奏。東京文化会館主催「創遊・楽落らいぶ」において三遊亭右紋と共演。ハープ奏者・中村愛とのデュオ「オランピア」として銀座十字屋ホール主催コンサート、千葉市議会議場コンサート、ちばし環境フェスティバルに出演。アルパ奏者・藤枝貴子、打楽器奏者・すずきあゆみとのトリオ「カプマリ」としてMALTAジャズビックバンドのオープニングアクトに出演。二木てるみ「朗読と音楽~語りの小部屋」において音楽を二年連続担当。

 現在、桐朋女子中・高等学校音楽部合唱班コーチ。

公式ホームページ http://yukaikeyama.jpn.org


隈倉麦/くまくらむぎ《フルート》

武蔵野音楽大学卒業。

東京ミュージック&メディアアーツ

尚美ディプロマ科修了。渡仏し、

パリ、エコールノルマル音楽院にて学び、

2012年高等演奏家ディプロムを取得、

同音楽院にて室内楽高等演奏家ディプロムを取得。

帰国し2013年1月より活動再開。

現在、室内楽を中心に演奏会、イベント、

BGM等フリーランスで演奏活動を行っている。

銀座十字屋、トート音楽院フルート講師。これまでにフルートを佐野悦郎、藤田真頼、故山下兼司、ヴァンサン・リュカ、トーマ・プレヴォ、ピエール・イヴ・アルトー各氏、室内楽をニーナ・パタルチェク女史に師事。

公式ホームページ https://mugi-flute.amebaownd.com/

小宮正寛/こみやまさひろ《コントラバス》

千葉県出身。

東京音楽大学付属高等学校チェロ科卒業。その後コントラバスに転科。

翌年、東京音楽大学に給費入学奨学生として入学。

在学中、学内コンクール合格者によるソロ・室内楽コンサートに両部門で出演。

元東京音楽大学学長である兎束俊之率いるアンサンブル信州in宮田、第4回定期演奏会にてコントラバス協奏曲を演奏。

その後東京藝術大学音楽学部別科に入学、卒業。

第8回別府アルゲリッチ音楽祭、第16回宮崎国際音楽祭等に出演。

東京都交響楽団、東京交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、群馬交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団などのオーケストラに賛助出演。

東京フィルハーモニー交響楽団に契約団員として演奏業務に携わる。

これまでにコントラバスを永島義男、山本修、黒木岩寿、ダンカン・マクティアの各氏に師事。

現在はオーケストラを中心に室内楽、ソロでも活動している。

2018年に中村愛(Hp.)とのデュオアルバム「エレジー」をキングレコードよりリリース。

公式ホームページ https://komi-contrabass.amebaownd.com/

美炎/みほ《馬頭琴》

3歳からバイオリンを習う。2001年に馬頭琴と出会い、その後演奏家として音楽活動を開始。国際コンサートへの出演、日本各地でのソロコンサートやバンドライブを行う。ライブでは、馬頭琴ならではの深みのある低音と透明感のある高音、そして力強さと繊細さを生かしたオリジナル曲を中心に音楽世界を展開。

現在、多くのアーティストとのコラボレーションを積極的に行っており、ピアノやドラムと組んだバンド編成や、NHK交響楽団の弦楽器奏者との共演、さまざまな楽器とのアンサンブルなどに参加。邦楽や人形浄瑠璃、朗読、映画音楽(役所広司主演:13人の刺客)、ゲーム音楽(セガ:THE WORLD OF THREE KINGDOMS)への演奏出演。

文化活動としては、クルーズの船上レクチャー他、芸術にふれてもらえる機会作りとして「スーホの白い馬」公演も積極的に行う。

その他、自然の中の舞台でも馬頭琴の大きく拡がる音の特徴を生かした栃木県那須郡那阿川町(旧馬頭町)の棚田でのコンサートは2011年より毎年開催され好評を得ている。千葉市文化振興財団登録アーティスト。

明珍宏和/みょうちんひろかず《バリトン》

東京音楽大学声楽専攻声楽演奏家コース卒業。

二期会オペラ研修所、第53期マスタークラス修了。

在籍時に特待奨学金、修了時に優秀賞を受賞​。​

全国公募によって選出される「なるとの第九(2014年)」のソリストを務め、総勢700人で行われた演奏はテレビ、ラジオ、新聞などに大きく取り上げられた。

2015年1月11日には、ロバートクラウダー基金に招聘され、ロサンゼルスのアラタニ日米劇場で行われたベートーヴェン「第九」新年コンサートにバリトンソロとして出演。

L.A第九合唱団、パサデナマスターコラール、ロサンゼルスオペラメンバー、ロサンゼルス交響楽団と共演し、コンサートの様子や、個人のインタビュー記事などを現地の日系新聞、羅府新報に掲載され大絶賛される。

2017年7月には、日米文化会館(JACCC)に招聘され、ロサンゼルスのウォルト・ディズニーホールで行われる、ベートーヴェン「第九」バリトンソリストを務める。

ほか多種多様なコンサートやオペラに出演し好評を得ている。

第57回全日本学生音楽コンクール東京大会奨励賞。​

第12回日本アンサンブルコンクール優秀演奏者賞、全音楽譜出版社賞。​

第22回友愛ドイツ歌曲(リート)コンクール入選。​

第1回ジュリアード音楽院声楽オーディション、半田博士奨励賞を受賞。

​コンサート活動の様子などは読売新聞、朝日新聞、毎日新聞、福島日報、徳島新聞、羅府新報などに掲載されている。​

現在はベルリン、パリなどで研鑽をしつつ、ドイツ音楽を主軸にしながら活動中。

http://myoching.wixsite.com/myoching-web